CATEGORY 機械加工

本カテゴリでは金属の加工方法についてご紹介します。切削加工(せっさくかこう)は太古の昔から存在する加工技術のひとつです。人間は道具をつくり、道具を使い、いろいろなものをつくりながら進化してきました。人間の進化はものづくりの進化ともいえます。

切削加工の特徴と種類について

切削加工とは、切削工具類を用いて対象物を削り取る加工方法を指します。簡単にいえば「削って形をつくる加工法」です。様々な造形作業において最も多く用いられる加工方法です。フライス加工は工具となる刃物を回転させ、テーブルに材料を固定し、材料の位置をコントロールしながら工具を当てて平面、曲面、溝などを加工する方法です。回転する刃が材料に次々に食い込み、材料の不要な個所を削り取って加工します。