• 2021.03.19

【工作機械関係のシャフトについて】

【材質はほぼ一択。】 ここでは業界ごとに異なるシャフトの特徴について書かせて頂きます。 まず初めに工作機械関係のシャフトについて。これは当社の場合は材質がほぼ鉄系素材に限定されています。 本数は1度に5〜50本程度が多く、熱処理が絡んだり外 […]

  • 2021.03.18

【対応可能なシャフトの長さと径について】

【長さは加工によっては定尺長】 当社の保有設備は元々バー材から加工が出来るようにカスタムしている設備が多いため、Φ80までの材料であれば定尺長さまでの加工が可能です。 ただし実際の加工は工作機械の内部空間の広さにしか比例しないため、実際に2 […]

  • 2021.03.16

【シャフト加工における業種ごとの違い】

【業界業種による材質の違い】 当社では様々な業種、業界向けのシャフトを加工させて頂いていますが、ここでは業界ごとの特徴や違いを中心にあげたいと思います。 まずは材質から。食品機械関係のシャフトの材質はSUS304が大半。当社においてはお客様 […]

タイトル【現物合わせの加工依頼もお任せください】

【現物のみ図面のない部品加工にも対応】 ご相談頂く中には図面のない現物合わせの加工依頼もございます。 特に現物をお持ちになられる場合は図面がない場合も多くあり、そのような場合には現物を実測して図面を作成するケースもあるため、 一般的な測定機 […]

タイトル【即日対応も可能です】

【Φ10〜80までの材料を常備】 弊社はΦ80までバー材からの複合旋盤加工が可能なため、SUS304、C3604、A5056、S45C、SS400は1m材を常時ストックしており、機械の空き状況にもよりますが即日対応も可能です。特に近年は1個 […]

【不要不急なモノづくり】

【弊社は基本的にモノをつくる会社です】 普段はNC旋盤加工を中心に切削加工を本業としている弊社ですが、展示会等に出展する際は自社に出来るモノづくりを披露する機会と位置付けて、本業に支障のない範囲になりますが、様々なモノを作っています。写真は […]

【場合によっては樹脂加工も】

樹脂の加工も お客様によっては樹脂の加工をご相談されるケースもあり、基本的には樹脂加工を専門にされている協力企業様に依頼しているのですが、材料支給頂くことが多くあるため協力企業に頼みにくかったり、部品を1式でお引き受けしている都合上、嵌め合 […]

1 3

よく読まれている記事

カテゴリ最新記事