神奈川県のシャフト部品加工依頼は弊社まで。これまでの作成事例と関連産業

神奈川県のシャフト部品加工依頼は弊社まで。これまでの作成事例と関連産業

シャフト加工には信頼と実績に


株式会社大塚鉄工所は創業1946年と70年以上の歴史を持つ、神奈川県相模原市の機械加工業者です。自動車から医療関係の部品まで、少量多品種の精密シャフト部品を受注製作しております。神奈川県におけるシャフトを中心とした機械加工(旋盤、マシニング、フライス、曲げ)および溶接のことならお気軽にご依頼ください。

近年ではお客様のご要望にお応えするため、増加傾向にあったシャフト系部品の測定に特化した専用の測定室を工場内に併設いたしました。400mm×500mmまでの長尺シャフトの測定が可能な画像処理測定機や800mmまでの研磨後の偏芯を測定する偏芯機など、自社内での製造部品はもちろん、協力企業に依頼している工程の検査まで万全な体制をとっております。

2019年、工場内に測定室を設立いたしました。
2019年、工場内に測定室を設立いたしました。

対応可能な材質は、鉄系材料、真鍮、アルミ、ステンレス鋼などです。

シャフト加工における幅広いニーズに対応するため、10台以上のNC自動旋盤、4台のマシニングセンターなど複数の加工機械を組み合わせて様々な形状に対応しています。自動車をはじめ建築部品、医療機器や半導体部品の製造など、技術力と検査から梱包、出荷などのきめ細やかな対応力に定評をいただいております。

シャフト系部品の製作事例

産業機械関連部品

多岐に渡る産業機械の機構部品に対応いたします。少量多品種の製品依頼が多く、長年培ってきた技術力と対応力を武器に、短納期や試作のご依頼にもお応えします。またお客さまの社内では出せない高精度の穴あけや精度を必要とされるC面取りや段付ザグ等も支給品の追加工にも対応します。材質はステンレスやアルミ、真鍮等が多く、中でも溶接絡みの製品が多いのが特徴です。材料の仕入れを限定しているため、ミルシートの添付も致します。

半導体関連部品

近年は携帯電話の装置部品等もさせて頂く機会を得て、マシニングの量産対応が増えています。保有設備で効率よく加工を進めるために、加工手順の構成から治具製作等、旋盤も含めた社内のキャッチボールにも、総合的な技量が求められるため、社員同士のアイデア出しが鍵になります。

住宅・建機関連部品

住設・建機機械関係の部品は息が長く、昔からさせて頂いている製品が数多くあります。当然のことながら価格面は厳しいのですが、作業手順を確立し、生産管理をしっかりと行なうことで、お客様の希望に沿うことが出来ています。材質は鉄系やステンレスが多いですが、近年は真鍮やアルミも増えており、材料調達も含めて、柔軟に対応しています。数量は100個以下の製品が中心です。Φ250を超える製品(Φ600程度)の旋盤加工やマシニング加工についても、協力企業と連携し対応が可能です。鋳物等の材料支給での切削加工のご依頼も承ります。

自動車関連部品

旋盤とマシニングによる加工を中心に試作から量産まで、図面やサンプルを元にお客さまのご依頼を形にします。高周波や窒化処理等の焼入れ、研磨やロー付けまでの検査が可能な体制を確立しています。数量は月産5万個から100個程度まで対応していますが、現在は自動車関係としては量の少ない10個から100個程度の数量のカンバン品に主に対応しています。材質は鉄系をメインに真鍮、アルミの加工も数多くさせて頂いています。鉄系の量産プレス品やアルミや真鍮の少量多品種の鋳物品の2次加工等も得意です。

技術力向上のための取り組み

社内の技術力向上およびアピールのため、本業であるシャフト部品製作等の合間を縫って以下のような展示物を製作しております。展示会や会社説明会、弊社での面談の際などにご紹介しており、好評をいただいております。こうしたモノづくり企業としての技術力を買っていただき、製造をご依頼いただける機会も多くあります。

弊社の使命は日本のモノづくりの灯を絶やさぬよう、これからのモノづくりを担う人材を育成することです。職人気質の社風を持つ弊社が、目の前の課題に日々挑み続けることが、これからの日本のモノづくりを支える礎となると信じています。

シャフト加工でお悩みの方は大塚鉄工所に無料相談

関東の精密シャフト加工なら神奈川県相模原市の大塚鉄工所にお任せください!品質保証・検査までワンストップで対応、材料ストックのあるものに関しては短納期のご依頼にも出来る限りお応え致します。まずはお気軽にお問い合わせください。

大塚鉄工所についてカテゴリの最新記事