2/2ページ

2/2ページ

シャフト加工など金属切削加工に用いられる材料(素材)と条件

代表的なものは日本人なら見たことはあるであろう1円玉です。飲料品の缶から自動車や自転車の部品、新幹線をはじめとする鉄道車両にもアルミニウムが利用されています。弊社では技術力アピールと社員全体の加工技術向上を目的として、本業の合間に下記のような展示物も製作しております。創業70年以上の技術と信頼・実績をぜひご覧くださいませ。弊社ではSUS303,304、C3604、S45C、A5056の丸棒についてΦ80までのサイズを常に在庫しているため、工具さえあればごく短納期にも対応可能です。シャフト加工にお困りのお客様は是非お問い合わせくださいませ。

NC自動旋盤等、精密シャフト加工などに使用する弊社保有器材のご紹介

シャフト加工をはじめとする切削加工、曲げ、溶接などあらゆる金属2次加工・精密部品製造は大塚鉄工所にお任せください。FANUC ROBODRILL α-T10B、α-T14iD、Haas  DT-1、ブラザー R450X1Nなど、保有機器をご紹介します。

切削加工の特徴と種類について

切削加工とは、切削工具類を用いて対象物を削り取る加工方法を指します。簡単にいえば「削って形をつくる加工法」です。様々な造形作業において最も多く用いられる加工方法です。フライス加工は工具となる刃物を回転させ、テーブルに材料を固定し、材料の位置をコントロールしながら工具を当てて平面、曲面、溝などを加工する方法です。回転する刃が材料に次々に食い込み、材料の不要な個所を削り取って加工します。

神奈川県周辺の金属シャフト加工は大塚鉄工所にお任せください

株式会社大塚鉄工所は、精密シャフト加工を得意とする神奈川県相模原市の金属部品加工業です。 弊社ではお客様の幅広いご要望にお応えするため、また、短期間での納期を実現するため、シャフト加工品の材料を常に多品種在庫としてご用意しております。

精密シャフト加工を得意とする大塚鉄工所のビジョン

大塚鉄工所は加工一筋70年を超える小さな町工場です。当社は今年創業72年を迎えることができました。当社は今から10年ほど前は自動車業界向けの大量生産部品の製造が売り上げ全体の7割近くを占めていました。現在では医療や工作機械、食品機械や建築機械、さらに半導体や宇宙関連など業界業種を問わず、様々な業界のお客様とお取引させていただいております。